menu

Message
社長メッセージ

一人ひとりが主役になれる会社、それがMCI

代表取締役社長

千田 壮修


2007年5月、株式会社エム・シー・アイを設立し代表取締役社長に就任、現在に至る。

「集合天才型組織」でヘルスケア業界に貢献


MCIが目指す姿を表現するキーワードとして、「集合天才型組織」というものがあります。一人の力には限りがある、だからこそ異なる能力、バックグラウンドを持ったプロフェッショナルの一人ひとりが力を合わせて多様な知恵を結集していこう。そうすることで、一人では成し得なかったことでも、MCIという集合体として他では真似できないような大きな価値を、クライアントそして社会に対して発揮することができるという考え方です。

社会において、個としての一人の人間はそもそも未完成であり、また一人として見れば無力といってもよい存在です。しかし、一人ひとりが共通のベクトルを持ってその力を合わせたとき、大きな影響力を発揮できる。我々は、その可能性を信じ、一人ひとりの夢や目標をより具体的なものとし、また、一人ひとりが持つ様々な知識や経験、そして可能性を活かして共に成長していけるような会社にしていきたいと考えています。

ヘルスケア業界において、クライアントである製薬企業に対して支援を行うことを通じて患者さんのQOLに貢献すること、ヘルスケア業界の将来を見据えて事業を創造し、医療界・社会に貢献していくことが、このMCIという会社で実現していきたいことです。

「ヘルスケア業界・医療業界をよりよくしたい」という志が出発点であり、同じく夢や目標、使命感を持った仲間とともに立ち上がったのがMCIです。「MCI=Medical Collective Intelligence」という社名には、多くの知性を結集させて世の中に貢献していく「集合天才」を目指そうという、設立当時の想いが込められています。

仕事を楽しもう


また、仕事に向かう姿勢として重要だと思うことの1つに、「仕事を楽しむこと」があります。本来、仕事は、社会の役に立っていくために自分の役割・責任を追求していくこと。そこには一人ひとりの成長のステージによって、多種多様のチャレンジがあります。仕事に向き合う上で、クライアントひいては患者さん、社会全体にとって価値があることは何かを考え、自分を磨くために悩み抜き必死に努力し、仲間と議論し共に学びあい、未来のために切磋琢磨していく、といった多くのことを経験していくことになると思います。

その意味では、仕事は自分たちを成長させるものです。業務経験や職務遂行能力の面だけでなく、論理的な思考力や対人感受性、素直な心、感謝の心といった人間性や人格といった面も含めて成長していく機会を得ることができるのが、我々の仕事が持つ価値であると思います。その過程そのものを楽しむことができるように向き合っていくことが重要だと考えています。

MCIは熱い会社です。社員として志、情熱をもって取り組めているか、自分の成長を実感できているか、全員の力を結集するような仕事ができているか。その一人ひとりが主役として、仕事を楽しむことにチャレンジする会社です。 我々の一員として成長を追い求めていきたい、社会に貢献していくためこれからのMCIを共に創っていきたいという方に、ぜひ入社頂きたいと思います。