menu

Voice
MCIの人とキャリア

04

N.K


HVC事業部
(デジタルマーケティング事業)

グループマネージャー

現在の仕事


マネージャー・リーダーとして組織・業績をけん引

現在、マネージャーとしての役割とリーダーとしての役割の2つを担っています。
まず、マネージャーとして、部門の業績について責任を負っています。部門としてしっかりと成長するよう、予算を立てその達成に向け各種施策を検討・実施しています。
また、部内の人材育成の役割も担っています。将来事業部の中核を担う若手社員に対して、今後MCIで実施したい業務、担いたい役割を互いに共有しながら、そのための能力を身につけるため、様々な指導をしています。
リーダーの役割の1つとして、デジタルマーケティング事業部マーケティングチームのリーダーの役割があり、事業部のマーケティング戦略の方向性を検討・決定しています。具体的には、新サービスの開発、既存サービスの高度化、重点サービスの営業・販売方針の検討を行っています。

やりがいと醍醐味


事業を作り上げる喜びがある

現在、事業部の戦略について事業部長とともに立案・実行に携わっています。もともと事業開発に興味があるので、事業戦略を考え実行に移す、また実行する中で改善するといった取り組みにやりがいを感じます。
また、人材育成では、大切な人材を育成することに緊張や責任を感じますが、社員が実際に成長することにもやりがいを感じます。
これまでプロジェクトで期待されるパフォーマンスが発揮できず、メンバーから評価されない状況に陥った社員がいました。そこで社員の適性を見極め、プロジェクト体制や本人の役割を変更したところ、パフォーマンスが向上し、メンバーからも信頼されるようになりました。
スキル等を教えるだけでなく、社員の取り巻く環境を変化させ成長を促すこともマネージャーとしてできる人材育成の形でしょう。

MCIを選んだ理由


事業拡大のために新しいことへ挑戦できる

事業を創造する・改善することに興味がありましたので、事業を作る環境がある、また、年功序列ではなく実力が評価される点を会社選びの軸としました。
実際MCIは、実力主義ですし、事業拡大のために新しいサービス・事業に挑戦できる環境があります。
MCIのクライアントはグローバル企業が多いので、最近は、事業の視野が海外にも向けられています。
人材育成においても、オムニコムグループが主催するグローバル研修に、私も各国グループ会社のリーダーとともに2013年に参加しました。
グローバルで事業を開拓する環境だけでなく、教育機会についてもグローバルレベルで体験できる環境があることがMCIの魅力だと思います。