menu

Voice
MCIの人とキャリア

07

M.F


HVC事業部
(デジタルマーケティング事業)

コンサルタント

現在の仕事


医師にとって有用な情報を最適な形でお届けするのが使命

私の部署では、「医師及び医療現場の方々へ、何をどのように情報提供すべきか」をクライアントに提案しています。
プロジェクトは、ある特定の薬剤に対する製薬企業のマーケティングプランを作成することや、薬剤紹介に関するウェブサイト制作まで様々。製薬企業のEマーケティング部門の方々が中長期的なマーケティング策を検討する中で、具体的な施策やその検証プラン等を一緒に練っていきます。そして、プランに基づいた情報提供支援もMCIで行います。
現場の情報が必要となる場面も多いので、実際に医師の元に出向いてお話を伺う機会もあります。またITを使った情報提供がメインとなるため、その最新動向も把握しておく必要があります。様々な要素を生かしながら最適なプランを作るのはとても難しいことですが、各分野の専門チームと協力しながら取り組んでいます。
なお2014年から出産・育児休暇を取得していましたが、2016年から職場復帰。
今は仕事と子育ての両立に励んでいます。

やりがいと醍醐味


クライアントから認められて成長を実感

医療業界のことを全く知らないところからこの仕事を始め、当初は実行プランを運用する中の一部業務のみを担当していましたが、徐々に業務範囲が広くなり、マーケティングプランの全体像も見えてくるようになりました。
そして最近になって、クライアントの長期的なマーケティングプランについて青写真の段階からご相談があり、私からの提案が一部採用されることになりました。重要な機会を与えて頂いたことに感謝するとともに、マーケティング立案のプロとして自分自身が成長していることを実感。とてもうれしい瞬間でした。

MCIを選んだ理由


人々の根本的なQOL改善に携われる仕事

いろいろな人と話せる機会があり、その中で自分の専門性を高められる仕事がしたいと思い就職活動をしていました。医療業界を選んだ理由は、人々の生活に直接的に関係する重要な分野だと考えたから。医師でなくても医療に深く関われることに惹かれました。
また、コンサルタントとして業界を俯瞰的に見ることができ、業界全体・医療現場全体の活性化に携われること、さらにはITに特化しているため発展性があると感じたことも、MCIを選んだ理由です。