menu

Voice
MCIの人とキャリア

06

E.H


デジタルマーケティング

データ分析担当

現在の仕事


クライアントの課題解決のためにカスタマイズしたデータ分析を実施

入社してすぐのころはWebサイトのログ集計などを複数担当しながら、MCIのサービスについて学び、業務の流れをつかんでいきました。今は、より専門的な分析をメインに任せていただいています。

特に、「医師版マルチメディア白書」に関する業務では、デジタルマーケティングへの取り組みをさらに社内で推進したいというクライアントから依頼をいただき、その目的にあわせた分析や提案を実施しています。私自身も直接クライアントと打ち合わせを行い、クライアントにとっての価値の高い資料になるように努力しています。

まだ先輩社員に頼りながら業務をしている状態ですので、今後は自分がメインとなって業務を推進していける存在に早くなっていきたいと考えています。

やりがいと醍醐味


クライアントの反応を直接感じながら分析業務ができる

同じ資料を提示してもクライアントによって注目するポイントが異なることが面白いと感じます。クライアント毎に課題が異なるため、クライアントの反応を確かめながら、より的確な分析結果を説明できるように工夫しています。

以前の会社では治験段階の薬剤に関わっていましたが、今は承認が下りる直前や実際に使われている薬剤をテーマにしてマーケティングの分析を行っています。
MRの活動やデジタルチャネルと薬剤の売上との関係性等、マーケティングの分析は面白いですし、自分が関わった薬剤が医療現場で活用されている様子をよりリアルに感じられるようになったことが、やりがいにつながっています。

MCIを選んだ理由


「データ分析 × ヘルスケア」。 加えて、社会貢献への実感も得ることができる。

社会貢献にはいろんな形があると思いますが、私は「人々のQOL向上を、クライアントとともに」というメッセージを見て、この思いを持って私も働きたいと思いました。

また、前職での経験から、もっと医療現場に近い場所で薬剤の活用に関わっていきたいと思っていましたので、その点でも私の希望に合った会社だと感じました。データ分析を専門にしている会社でヘルスケア領域の仕事ができることはなかなか無いので、私がやりたい事に挑戦できる貴重な場所だと思っています。

先輩方は皆さん優しいので、疑問点は積極的に聞いて納得して業務を進めることができています。これからMCIに応募する人にも、ぜひ面接でも積極的に質問をして理解を深めていっていただけたらいいなと思います。