menu

Voice
MCIの人とキャリア

12

N.O


マーケティングリサーチ

コンサルタント

現在の仕事


新卒から1年でコンサルタントに

新卒で入社し、アシスタントとしてプロジェクトに参加してきました。

MCIの良いところとして、入社間もないうちからプロジェクトの最初から最後まで一貫して関わることができることだと思います。
アシスタントとして行う調査票の管理や報告書の作成サポートでは、指示の背景や意図を意識し、上司とやり取りを行うことで、クライアント目線で考える力を養っていきました。

入社から1年後の4月にはコンサルタントになり、仕事の裁量の幅が大きく広がったのを感じています。クライアントと直接やり取りをすることで、以前と比べより責任を感じますが、その分達成感も大きくなっていると思います。

プロジェクトを通して上司や先輩から都度フィードバックをもらうことで、自分にはない視点での気づきがあり、入社時に掲げた目標の「5年後にプロジェクトリーダーになる」に向けて着実に力をつけていると感じています。

やりがいと醍醐味


自分の提案がプロジェクトの貢献に繋がるのを見届ける

プロジェクトに一貫して携わることができるため、自分の提案がプロジェクトに反映されているのを見届けたときはやりがいを感じる瞬間です。例えば、よりニーズに沿った報告書にするため変更を提案した箇所が採用されたことや、調査票に設問を追加する提案をしたことでクライアントから評価されたことは印象に残っています。直接クライアントとやり取りを行っているので、自分の提案がクライアントの満足度に繋がることが見える瞬間には、特に大きな達成感があります。

新卒で入社してからの1年間は多くのことを学んだ時間でした。尊敬できる上司や先輩社員のもとで仕事の進め方やタスク管理の仕方、仕事に対する考え方を教わったことは、学生時代の同級生と比較しても成長の大きな1年間だったと思います。

MCIを選んだ理由


将来設計ができる会社で働いていきたい

入社後の成長イメージが明確に持てたことが理由です。会社説明会では、他社がどのような事業を行っているかを知る機会は多くありましたが、MCIではそれに加え、どのように働くかについても伝えてもらったことで、今後自分がどのような人生を歩んでいきたいかを具体的にイメージすることができました。

この1年を振り返ると、入社時にたてた「5年後にプロジェクトリーダーになる」という目標に対して、そこまでの達成フローも明確で、実際にイメージした通りに成長できていると感じます。
また、評価は実力主義でありながらチームでプロジェクトを行う点もMCIを選んだ理由です。私は長年バスケットボールを行っており、個人の役割がありながら、チームで価値を出していくスタイルがチームスポーツに通じるものがあると感じました。